確定申告で副業はばれない?

確定申告というのは、経営者が行なわなくてはならないと思っているのではないでしょうか。そのため、副業で収入を得ているというような人はなかなか自分に確定申告の義務があるということを認識されていない人も少なくはありません。

そもそも、確定申告というのは税金を左右するとても大切なものです。税金は収入に応じて決定するため、本業以外に収入がある人の場合には自分で確定申告を行なってどれくらいの納税の義務が生じるのかを把握しておく必要性があります。

よく、副業をしていることが会社にばれるのは、確定申告を行なったからだと言われていますが、確定申告を行なったからばれたのではなく、副収入における収入に納税の義務が生じてしまい、月々に支払う市民税などが上がり、勤め先の会社の給料と併せて支払うことによって、他に収入があることが分かり、副業がばれてしまいます。

しかし、これを回避する手段は実はないわけではありません。自治体によっては、追加の税金を自分で支払うように申告することも可能となっています。

つまり、副業で得た収入の税金は自分で支払うようにすることで、副業はばれることはありません。気をつけなくてはならないのが、自治体によっては自己支払いが不可の場合もあるということです。申告先の制度をしっかりと把握してから副業を始めることも大切です。

仮に、副業がばれてしまう可能性があるからといって、申告を怠っても脱税となり大きな騒ぎに発展する可能性がありますので、注意が必要です。副業も年間で20万円以上の収入がないと納税に対象とはなりませんので、焦る必要性もありません。

年間の収入が20万円以上になっていないか、さらには越えてしまうような場合には経費などで報告することが出来るものがないかなどを調べてみてください。もしもネット副業を行なっているというような場合には、電気代やネット費などは経費として報告が可能ですし、購入しなくてはならないものなどがあれば、それも経費として申告できます。

ただし、副業の確定申告の場合、領収書などの提出は必要がありませんが、保管はしておかなくてはなりませんので、日付などが記載されているようなものはしっかりと保管、管理をしておき、税務署に提出の要請をされたときにはいつでも提出することができるようにしておいてください。

もちろん、収支の記録をつけておくことも必要です。昨今は副業の収入に税務署は厳しい目をむけていると言われていますので、しっかりと申告と収支の記録の保管をしておくことが必要です。