有料情報は投資競馬の役に立つか?

競馬の情報網というのは実にたくさんあるもので、手軽に購入できるスポーツ新聞や競馬専門紙以外にもネットで検索するといろんな業者が情報を公開していることが分かります。
この情報において、ネットで「当サイトだけが仕入れた極秘情報」などと書いてあればいかにも当たりそうに思ってしまいますが、こういった有料情報を利用する場合は考えておかねばならないことがあります。

それは、「ホントにその情報が確実で絶対に儲かるならば、公開せずその情報を信じて自分で馬券を買っているはず」という点です。多くの人に極秘情報を流せばその分オッズも下がってしまうので自分の取り分が減るわけですが、それでもなぜ気前よく他人に極秘情報を教えるのか?」

理由は簡単で、その情報が「絶対」ではないからです。確かに極秘ルートで仕入れた情報かもしれませんが、それが確実に儲けにつながる自信がないため、「情報を売って利益を得よう」と考えているわけです。
ちなみにその情報をお金を投じて購入し、信じて馬券を買って外れてもその情報を流した業者が罪に問われることはありません。この業者はあくまでも「情報を売る会社」であって、「確実に儲けさせてくれる業者」ではないからです。

これは冷静になって考えれば実は分かることなんです。しかし人間の欲というのは恐ろしいもので、「何とかして馬券を当てて儲けたい」という思いが強すぎると、こういったことも冷静に考えられなくなるのです。

従って「儲かるならばなぜあなたが自分で買わないの?」という疑いの目は常に持っておきたいものです。
ただ、こういった情報をみることで何らかの馬券作戦のヒントになる場合もあることは有料情報サイトの情報を買う利点でしょう。
馬券の買い方と言うのはBOX買い、流し買い、フォーメーション、マルチなどたくさんありますが、有料情報サイトでは画期的な買い方をしている場合もあるのです。例えば単勝と複勝狙いの買い方での資金の配分です。

「単勝を1,000円買う場合、複勝は5,000円買う」などとなっていると最初はこの比率の意味が分からないものですが、何度かこの買い方で的中すると意味が分かってきたりします。

ちなみにこの場合は絶対に3着が堅いと踏んだ馬がいた場合、複勝で配当が120円つけばその狙い馬が勝たずに単勝を逃がしても損はしないという考えが基準になっているのです。

要は単勝で勝った時に利益を得ようとする配分で、こういった発想はそのサイト独自のものと言えるわけです。そういった買い方を参考に自分なりにどうすれば競馬を投資に変えることが出来るかを模索することも悪くありません。